第8回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会

一般演題

一般演題募集期間

2022年5月11日(水)正午 ~ 6月9日 6月23日(木)正午

演題募集は締め切りました。多くのご応募誠にありがとうございました。
採択等詳細は後日当ページに掲載いたします。

演題申込上の注意事項 (必ずお読みください)

1.筆頭演者はすべて会員に限ります。未入会の方は、日本産科婦人科遺伝診療学会事務局に直接ご連絡の上、速やかに入会手続きをお願いいたします。

※入会手続きについては、https://jsgog.jp/procedure.htmlをご覧ください。

2.以下の項目に該当する演題は、不採用となることがございますので、予めご留意ください。

  • (a)倫理委員会の承認あるいはインフォームド・コンセントを得るべきと考えられる研究において、抄録内に倫理委員会の承認あるいはインフォームド・コンセントを得た旨の記載がない演題
  • (b)前方視的無作為試験であって、倫理委員会の承認(インフォームド・コンセントの取得を含む)を得た旨の記載のない演題
  • (c)特定企業や施設のコマーシャルを目的とすることが強く疑われる演題
  • (d)その他、倫理的に明らかに問題があると判断される演題
  • (e)患者個人情報保護の観点から問題があると判断される演題
  • (f)その他、学術的意義に乏しいと考えられる演題など
  • ※倫理上の配慮が必要な研究においては、施設内倫理委員会等のしかるべき組織の承認を得て、その責任の下で実行された研究であり、同時に、インフォームド・コンセントを得て行う必要があります。このような研究の成果の発表にあたってはそれらの事実を抄録中に記載してください。倫理上の配慮が十分でない研究発表は不採用となります。
  • ※不採用の理由については一切開示を行いません。ご了承ください。